TOPロゴ/月ON_おすOFF

月夜見山荘ロゴ_ON おすくにロゴ_OFF

古民家一棟貸しの宿「月夜見山荘」

お世話になっているお店(町内の食材取引先)

おすくにが食材調達で日々お世話になっている、町内のお店をご紹介します。
この方々のおかげで、おすくにでは地元の食材をふんだんに使うことができています。
いつもありがとうございます。
(店名クリックで各サイトへ)

南アルプスふるさと活性化財団(麓の直売所)


早川町の特産品の製造販売を手がける「南アルプスふるさと活性化財団」。白鳳味噌、ハム、ベーコン、ウインナー類、そして山ぶどうワイン「恋紫」など、早川町を代表する特産品はここで作られています。おすくにでは、白鳳味噌、山ぶどうワインなどを主に使わせてもらっています。

早川町森林組合


おすくにでは、森林組合で作っているナメコを、はやかわ割子の具材や、お泊まりのお客様のお味噌汁の具として使わせてもらっています。事務所の横に直売所があり、そこでナメコを買うことができますが、大粒ナメコがあったらぜひご購入ください。ナメコの固定観念が覆ります。なめこ以外にも地元の農産物、秋にはニホンミツバチのはちみつ、鹿の角や林業グッズなども売られていて、楽しめますよ。

早川きのこ園


おすくににて天ぷらで、また山荘バーベキューの焼き物としてお出ししている肉厚プリプリのシイタケは、ここ「早川きのこ園」で作られたもの。このシイタケで「しいたけ嫌い」を克服した人は数知れず。一度食べてしまうと、スーパーなどで売っているしいたけは食べられなくなってしまいます。お客様からもいつも大好評で、私たちも本当に助かっています。またきのこ園のオーナーはキノコ狩りの名人でもあり、私の師匠です。

おばあちゃんたちの店(早川エコファーム)


野鳥公園の駐車場脇にあります。近隣の方々が作った農作物や、山菜、きのこ、その他加工品などを販売しています。おすくにでは、天ぷらなどに使う野菜類を主に使わせてもらっています。地元ならではの野菜が多数集まるので、私たちもちょくちょく顔を出して旬のものを仕入れさせてもらっています。

早川町ジビエ処理加工施設


おすくにで提供している鹿肉は、私自身がくくり罠で捕まえた鹿ですが、解体はここ早川町ジビエ処理加工施設でやってもらっています(許可をとった施設で解体したお肉でないと、飲食店では使えないのです)。ここのオーナーは凄腕の猟師で、こだわりの鹿肉を販売している他、レストランも併設されていてそのお肉を食べることができます。

早川町観光マップ(早川町観光協会)


町全体のお店をチェックできます。
早川町 口コミ観光マップ
ページのトップへ

Facebookへ