TOPロゴ/両方OFF(非表示ver)2カテ以外

月夜見山荘ロゴ_OFF おすくにロゴ_OFF

月夜見の里について

私たちの想い

山の暮らしの豊かさを、みなさんと分かち合いたい

私たちが営む「月夜見山荘」と「おすくに」がある山梨県早川町(はやかわちょう)。ここは、南アルプスの山懐に抱かれた、日本一人口の少ない町です。
南アルプスの3,000m級の山々は、ここで暮らす人々に豊かな山の恵みをもたらしつつも、 ときに牙を剥き、山の民に生きる知恵と技術、そしてたくましさを育ませました。
早川町には、厳しくも豊かな自然の中で、先人たちが長い年月をかけて培った、 山で豊かに暮らすための生活の知恵や技術、そして精神が今も息づいています。
そうした暮らしは、賢く、美しく、潔く、とても心豊かです。
「月夜見山荘」と「おすくに」を訪れていただいた皆様には、 私たちが感じてきた「山の暮らしの豊かさ」で、 精一杯おもてなしさせていただきます。

南アルプスの山ふところで、宿と食堂を営む理由

早川町は、背後にある3,000m級の連山がつくり出す、迫力ある渓谷の真っただ中にあります。
しかし、この厳しくも魅力的な大自然のふところを『生きる地』と選んだ先人たちが、長い時をかけて培った、愛すべき暮らしぶりなら満載の町でもあります。
さまざまな生活の知恵や技術、驚くべき勇気と根気、想像もしなかった日常の娯楽や山ならではのグルメ…。それらに魅了されて移住し、20年が経ちました。
しかし、20年前と今とでは随分と状況が変わってきています。

私達が愛おしく思う山の暮らしは、やはり急速に失われつつあるのが現実です。
それを失いたくないなら、やはり今こそ、私たちに相応しいやり方で、山の暮らしの価値と魅力を人々に伝え分かち合うための挑戦をしてみたい、と思いました。それが、この宿と食堂です。

この地の住まい方を記憶する古民家でお過ごしいただきながら、何か共感するものを見つけていただけたら。四季折々の料理を味わいながら、土地の恵みを大切に思っていただけたら。
移住20年目にして決断した、私たちなりの、山の暮らしの受け継き方です。

狭隘な山ふところは、日の出は遅く、日の入りは早い。畑も干し物も外遊びも、短い日照時間を大切に営まれます。人工物の喧噪から隔絶している深山の夜空は、晴れれば星は砂の数のごとく瞬き、月光であらゆるものの陰がつくり出されます。
一方、月が出ない夜は、一歩も先に足が出ないほどの漆黒の闇に包まれます。現代でもこんな夜が味わえるのです。
月は山人の長い夜を彩り、昔から最も身近な暦であり、たくさんの想像力をかき立ててきました。山の民の夜なべ仕事は、お月様との長い対話の時間でもあったと想像します。

私たちの暮らす集落の氏神様は、奇しくも月夜見命(つくよみのみこと)。宿の名「月夜見山荘」、食堂の名「おすくに」は、最も身近な氏神様から拝借いたしました。

月夜見山荘での御滞在、おすくにでのお食事を通し、皆様と『山の暮らしの豊かさ』を分かち合うことができましたら、それ以上の喜びはございません。

 

早川町の様子  →他の記事はこちら
  • 初雪
    on 2022年1月6日 at 11:00 PM

    昨日の朝から雪が降りはじめ、午後には野山は真っ白に。夕方には雪は止みましたが、今朝は一面の銀世界。ほんと綺麗です。 そしてモクは大喜び。遊べ遊べと戯れてきます。可愛い笑。 幸い道路にはほとんど積もらず、また今日は気温が上がるようなので、お日様が出たらあっという間に溶けると思います。まあ、この程度で良かった、というのが本音ですね。  

  • 餅つき
    on 2022年1月4日 at 5:41 AM

    あけましておめでとうございます。旧年中は大勢の皆様にご来店、ご利用いただき、誠にありがとうございました。コロナ渦から始まった昨年ではありましたが、皆様のご支援、ご協力のおかげで、開業3年目もなんとか乗り切ることができました。ありがとうございました。年末年始の営業を終え、本日より12日まで遅めの正月休みをいただきます。本日は、朝から家族で餅つき。今年は、白いお餅にきび餅、草餅の3種類をつきました。去年の反省を生かして、きび餅も草餅も上手にできました。   なんだか、疲れた体に鞭を打っている感もなきにしもあらずですが、お休みの間に心身ともにリフレッシュして、また皆様に美味しいお蕎麦、山の幸をお届けできるよう精進して参ります。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

  • キノコ狩り終盤戦
    on 2021年10月5日 at 11:00 AM

    9月末で漁期が終わり、ようやくキノコに集中できると思ったら、キノコの時期も残すところ数週間。 ラストスパート、頑張らねば!   ということで、昨日は娘とモク(甲斐犬)と一緒に、低いところと高いところ、1日かけて山を2箇所はしごしてきました。   まず低いところで採れたのはショウゲンジ。 今日こそはマツタケも採れると期待していたのですが、またも空振り。でも、ショウゲンジも美味しくどんな料理にもできる使い勝手の良いキノコなので、ありがたい。   続いてミズナラやブナが生い茂る高い山へ。   ちょと時期は遅いがマイタケがあるかもしれない!と期待していたのですが、あるのは足跡ばかり。結構、人が入ってますなあ。   でも、足元にも美味しいキノコがたくさん。   まずはアカモミタケ。   続いてナラタケ。   最後にクリタケ。   またまたエース級キノコには出会えませんでしたが(おきまりのフレーズ)、量もそこそこ採れたので、ほっと一安心。   秋晴れで、山の眺めも最高!山に暮らしていてよかったと思うひととき。とっても気持ちの良い山行となりました。山の神様、今日もありがとうございました。

  • 今年最後の渓流釣り
    on 2021年9月28日 at 9:00 AM

    今年の漁期も残すところあと3日。 今日は、キノコ狩りに行かないことに後ろめたさを感じつつも、娘と2人で今シーズン最後の渓流釣りに。   今日の狙いはイワナ。山を1時間歩いて入渓ポイントに到着。この時期になると、森の木々も色づき始め、空気も水も冷たい。   そこから6時間、必死に釣り上がるもなかなか爆釣とはいかず。今日は渋いなーと言いながら、7〜8寸のイワナをやっと10本でタイムオーバー。 お魚さん、今年もありがとう。今年も無事でよかった。そんなことを言いながら、竿をたたんでいると、上から釣り人らしき人影が。それも2人…。   なんと先行者がいたとはー(涙)。そりゃあ釣れないはずだ!   と、自分の腕のなさを先行者のせいにして、今日の釣果を正当化。   さらに、釣りの途中、倒木に群生するナラタケを発見!約3キロの大収穫となり、キノコ狩りに行かなかった後ろめたさも解消。 尺上には会えませんでしたが、魚にキノコに、楽しい釣り最終日となりました。 ちなみに、昨日は娘の20歳の誕生日。そんな記念の日に父親と釣りに行ってくれるなんて、なんていい娘。感謝です。

  • 鹿と遭遇
    on 2021年5月20日 at 10:30 AM

    今日、なんと昼間に!しかも我が町の教育委員会の庭で、鹿と遭遇しました!! しかも、全然逃げない。   相当お腹が空いているのかな。 youtu.be  

ページのトップへ

FacebookへFacebookへ